私が普段愛用しているTHULEのバックパック「Thule Covert DSLR Rolltop Backpack TCDK-101」。使い始めて2年弱が経った先日、背面のPC収納部のファスナーが壊れてしまった。幸い保証で新品に交換することができたので、THULEの保証と交換までの流れについて説明していく。

THULEといえば「25年保証」が有名だが

THULEといえば「25年保証」がとても有名だが、製品により保証期間がことなる。実際に25年の保証期間があるのはごく一部の製品だけである。

各製品の保証期間は下記のTHULEのwebサイトで確認することができる。

https://www.thule.com/ja-jp/about-thule/warranty

カメラバックやバックパック類は基本的に2年保証である。

壊れたところについて

壊れたのは背面のPC収納部分のファスナー。これまでもTHULEのバックパックやカメラバックを3つほど使ってきたが、故障したのは今回がはじめて。

特に心当たりはないがある日気づいたらファスナーが壊れて開かなくなってしまった。幸い中にPCは入れてなかったので、中身が取り出せないということにはならなかった。

保証の申請から交換までの流れ

保証の申請から交換までの流れは以下の通り。今回は保証の申請から交換までは18日間かかった。他の記事などを観てみても1週間~2週間程度かかるようである。

  • 問い合わせフォームから保証を申請
  • 翌 日 THULEジャパンからメールで返信
  • 3 日後 THULEジャパンにバッグを発送
  • 6 日後 THULEジャパンにバッグ到着
  • 13日後 保証対象である旨の連絡を受ける
  • 17日後 代替品が発送される
  • 18日後 代替品の到着

今回の交換対応を経て、担当者とのやり取りをスムーズにするためのコツも分かったので、これから保証を申請する人がいればぜひ参考にしてほしい。

保証の申請方法

下記の問い合わせフォームを使って保証を申請できる。私はAmazon.co.jpで購入したが、購入から1ヶ月以上経っており初期不良でもないのでAmazon.co.jpではなくTHULEに直接保証を申請することにした。

リクエストを送信 – サポート | Thule https://support.thule.com/hc/ja/requests/new

https://support.thule.com/hc/ja/requests/new

正規販売店で購入した製品であれば、購入した販売店に持ち込んで保証を申請することもできる。

保証を申請する場合は以下の内容を記載・添付しておけばスムーズにやり取りができるだろう。

  • 製品の製品名・型番
  • 製品の購入日・購入店
  • 破損が発生した原因と普段の使用状況の詳細
  • 破損状況の画像添付
  • 購入証明の画像の添付(Amazon.co.jpであれば領収書のスクリーンショットでOK)

以上の内容がすべて揃っていないと、問い合わせフォームから保証を申請した後に、担当者とメールで何度か確認のためのやりとりする手間が発生してしまうため、保証申請時に必要な情報はできる限り報告しておこう。

バッグを発送する

スーリージャパンから保証可否の判断に際して現物確認をするため、バッグの送り先の連絡が来たらバッグを発送する。配送業者に指定はないが、配送費用は客の負担となるので発払いで発送する。

保証可否の連絡

バッグがスーリージャパンに到着して数日後、保証適応の可否の連絡がくる。ここまではスーリージャパンが対応してくれるようだが、代替品の発送はThuleの正規販売代理店であるゼット株式会社 THULE ユーザー対応窓口が行うようで対応の取次が行われる。

ちなみに日本国内では、このゼット株式会社が2019年春からTHULEブランドの独占販売権を取得している。このためゼット株式会社が代替品の発送を請け負っているようだ。

代替品が送られてくる

スーリージャパンから対応取次の連絡後、ゼット株式会社 THULE ユーザー対応窓口から代替品の送り先を尋ねられた。送り先を連絡するとすぐに佐川急便で代替品が発送された。

代替品は大きなTHULEロゴがプリントされたダンボールに入って届いた。

代替品の保証期間について

新品になったバックパック。うれしいことに代替品にも新品同様の2年の保証期間があるとのこと。これからも大切にTHULEのバックパックを愛用していこうと思う。